先週、フランス留学のサポートをしている私立校のトビタテ説明会がありました。

トビタテ!留学JAPANの概要について、提出資料の要となる留学計画書の書き方、過去のトビタテ生の先輩からトビタテ応募に関するアドバイス、と非常に充実した内容でした。

France et moiでは12月になり、中高生のフランス1年留学についてお問い合わせをいただくようになりました。

そこで今回はトビタテ!留学JAPANについて、また高校生にお勧めのフランス留学について紹介します。

目次

トビタテ!留学JAPANとは?

政府だけではなく、官民協働のもと社会総掛かりで取り組む「留学促進キャンペーン」です。

文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」ホームページより

文部科学省が民間企業などからの支援・寄付により、高校生・大学生の留学を希望する生徒を対象に募集・審査を行う、返済不要の奨学金制度です。

2013年に始まり2020年12月現在、最新の募集は高校生が7期生、大学生は14期生となっています。

「返済不要」の奨学金は意外と少なく、何かと出費の多い留学において経済的に支援を受けることができるのは非常に助かります。

また「官民協働」というのも大きな特徴です。企業がこのトビタテというプロジェクトに支援を行うのは、多く企業が留学を通して世界を見て成長した人材を求めている、ということです。

高校生コース第5期生の出発前の意気込みはこちら!

留学計画書作成のコツ

留学計画書の作成の際は、そのことを意識する必要があります。自分がこの留学を通して、何を達成し、どのように日本の未来に貢献できるか、審査の基準として非常に大事な点です。

少々厳しいことを言いますが、留学計画書に記載する留学の動機として、「語学の上達のため」「特別な経験をするため」と言った個人的な理由ではプロジェクトの意図とは異なり、多くの応募がある中で書類をじっくり見てもらうことさえできないでしょう。

審査員に「お!この生徒にはぜひ支援をして留学に行って欲しい」と思ってもらう必要があるのです。

皆さんが留学で達成したい目標を、審査員にアピールしてください!

留学代理店を通じて留学の手続きをする場合、留学計画書に必要な留学プログラムの詳細資料は、留学代理店の資料を活用する、または追加資料が必要であれば作成依頼をしましょう。

France et moiも留学計画書に必要な資料の提供はもちろん、ご希望がありましたら留学計画書の内容確認をすることも可能です。

トビタテ高校生コース第5期生のフランス留学体験記

France et moiの生徒さんも2019年度の高校生コース第5期生として、サンドニ・インターナショナルスクールとトゥールラングへ留学しました。

2019年の夏から11ヶ月間のフランス留学に挑戦した当時高校1年生のMさん。

体験記がトビタテのホームページに掲載されていますのでシェアします。どのような留学をしたのか、これから留学をする人へのアドバイスなどが紹介されています。

これからフランス留学をしたい人、トビタテに応募をする人はぜひ参考にしてください。

トビタテ生

フランス、トゥレーヌ地方の文化を学ぶ!!

文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」ホームページ「留学大図鑑」より

高校生におすすめのフランス留学プログラム

トビタテでは14日間の短期から1年間の長期まで異なる募集枠があります。

フランスの未成年の就学ビザは最長で11ヶ月です。
ここでは1年プログラム=11ヶ月とお考えください。

おすすめのフランス高校生留学1年プログラム

7月下旬〜8月末:トゥールラングでフランス語強化
9月〜翌年6月下旬:サンドニ・インターナショナルスクールでの高校生活

フランス現地の生徒が通う学校に、中高生の留学生を多く受け入れているサンドニ・インターナショナルスクール。

この学校は普通のフランスの中学高校にはない、留学生向けのフランス語のクラスがあり、フランス語が初心者でも入学が可能です。

サンドニ・インターナショナルスクールの詳細はこちら

また新学期準備として夏休みの間に、実用的なフランス語を学べることで定評のある語学学校トゥールラングに通うことをお勧めします。

初めてのフランスでの生活に慣れるためにもトゥールラングでの新学期準備は非常に有効です。

サンドニ・インターナショナルスクールの入学時のフランス語レベルに応じて、フランス人生徒と一緒に受ける一般科目の時間数を増やすことができ、より充実した学校生活となることでしょう。

トゥールラングの詳細はこちら

その他トビタテに対応可能なプログラム

希望の留学期間に応じて、サンドニ・インターナショナルスクールは1ヶ月〜、トゥールラングは1週間から申し込みが可能です。(トビタテ対象の最短留学期間は14日間)

またトゥールラングでは専門学校との提携があり、以下のプログラムがあります。
・パティシエ(製菓)
・ブーランジェ(製パン)
・キュイジニエ(調理)
・フローリスト(フラワーアレンジメント)
・エステティシャン(エステ)

※通常、スタージュ(店舗研修)は年齢制限が18歳以上のため高校生は対象外ですが、それ以外の内容でしたら、皆さんが希望する内容によって学校に問い合わせることが可能です。

皆さんがフランスでチャレンジしたいこと、部活動や習い事、可能な限り見つけるお手伝いをいたします!

高校生コース第7期生の募集スケジュール

募集は2021年の年明け、以下の期間となっております。

募集期間:2021年1月4日(月)〜1月29日(金)

募集条件や必要書類などの詳細は文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」ホームページをご確認ください。

2020年の高校生6期生、大学生13期生は審査期間中に中止となってしまいましたが、外務省の危険情報レベルが2以上の国への留学も含め、今回の募集対象となるようです。ただし採用された場合も、留学出発時の危険情報レベルが2以上の場合は奨学金給付の対象外となります。

フランスは2020年3月中旬から危険情報レベルが3になっております。

トビタテへの応募は可能ですが、出発時にレベル3のままの場合は、奨学金給付は対象外となりますのでご注意ください。

文部科学省としては外務省が危険と判断した国への留学を奨励することはできない、ということだと思われます。こればかりは致し方ないです。

フランスの危険情報レベルの確認は外務省「海外安全ホームページ」を参照ください。
リンクはフランスのページを指定しておりますが、同ホームページにて各国の情報が確認可能です。

よくある質問

avatar
トビタテ希望者
フランスに1年間留学した場合、日本で在学中の学校の単位はどうなりますか?
avatar
France et moi
留学先の成績表を元に単位認定を認めている学校もあるようです。
留学中の単位認定が可能か、そのための条件(どのような学校であるべきか、何を提出する必要があるか)などを、在学中の学校に確認してください。
avatar
トビタテ希望者
トビタテの申請もサポートしていただけるのでしょうか?
avatar
France et moi
トビタテの申請は在学校を通して行う必要があります。必ず留学開始時の在学校を通じて申請を行ってください。
France et moiとしては、留学プログラム概要の資料提供、留学計画書に関する相談のサポートが可能です。
avatar
トビタテ希望者
トビタテの採用可否によって留学計画が異なる場合は、どのようにしたら良いでしょうか?
avatar
France et moi
あらかじめ両方の留学計画を想定し、最終審査後に正式な申し込み手続きを進めるように準備をすることが可能です。留学開始日によりますのでご相談ください。

最後に…

トビタテ!留学JAPANについて、少し理解が深まりましたか?

詳しい制度内容などは文部科学省のホームページを参照ください。

フランス留学に挑戦したい高校生の皆さんからのご相談をお待ちしております!

以下の記事もぜひ読んでください。

ブログランキングに参加しています!皆さんのクリックが励みになります。
ありがとうございます。Merci beaucoup !


にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

人気ブログランキング