留学をする際に欠かせない、留学費用の予算計画。

留学したい、そう思ってから実行に移すには具体的な計画が必要です。

・自分がしたい留学にはどのくらい費用がかかるのか
・その費用がすぐに用意できるのか
・その費用を確保するには、どのくらいのペースで貯める必要があるのか

留学費用について知ることで、
留学する街を変える、期間を変えるなど、
自分の予算に合った留学計画に調整することも可能になります。

夢を夢で終わらせないために、計画は欠かせません!

フランス留学を実現させるための具体的なステップとして
ぜひ予算について知ってください。

この記事では以下の項目に分けて、留学費用について詳しく説明します。

  1. 留学費用の種類
  2. 費用が発生するタイミング
  3. 支払方法
  4. 留学費用のシミュレーション

1:留学費用の種類

留学費用の全体像を知るために、まずどのような費用があるのか見てみましょう。

  • 授業料・プログラム費
  • 滞在費
  • 渡航費
  • 海外旅行保険料
  • ビザ申請料
  • 現地移動費
  • 現地生活費
  • 番外編

それではひとつずつ解説していきます。

授業料・プログラム費

留学ということは、何かを学びに学校に入学することを前提としてお話をします。

そのため留学費用の大きな割合を占めるのは「授業料・プログラム費」となります。

<語学留学の場合>
◎ 語学学校の授業料
◎ 語学学校の登録料
◎ 語学学校のテキスト代
◎ ホームステイ手配料 など

<専門留学の場合>
例えば、私の紹介している長期パティシエ留学の場合
◎ 語学学校の授業料
◎ 語学学校の登録料
◎ 専門学校の授業料
◎ 研修に必要な服・靴など一式
◎ ホームステイ手配料
◎ 現地パートナーによる日本語サポート など


上記はあくまでも例です。全ての費用が必ず発生するとは限りません。

例えば、私が紹介している学校には、テキスト代やホームステイ手配料は発生しない学校もあります。

皆さんが申し込みをする学校やプログラムによって、
費用に含まれるもの、含まれないものを必ず確認しましょう。

滞在費

滞在費は授業料の次に大きな割合を占める費用となります。

ホームステイ、学生寮、ルームシェア、アパルトマンなどのいわゆる家賃です。

滞在期間が長くなれば、その分滞在費は発生します。
また街によって相場が異なりますのでご注意ください。

以下の記事では、滞在方法の選び方と費用の相場について説明しています。

渡航費

滞在期間や季節によって、航空券の価格は異なります。
また所定の年齢以下限定のお得な航空券もあります。

自分で手配するのか、旅行代理店に手配を依頼するのか、
片道を行き帰り別々に購入するのか、往復券を購入するのか…

France et moiをご利用の皆さんには、
提携の旅行代理店のアドバイスを元に、
皆さんに合った購入券の購入方法をレクチャーしています。

現在最も気をつけることは、なるべく日本からフランスへの直行便を利用することです。

2020年3月以降、国境管理の条件が随時変更になっておりますが、
日本からの渡仏は優遇されていることが多く、今までも

・EU以外でフランスへの入国が認められる対象国になったり
・到着時のPCR検査が不要になったり(現在は日本からの渡仏も対象です)
・渡仏理由の説明書等が不要になったり
と優遇されている経緯があります。

日本から他国を経由してフランスに入国された場合、
これらの日本のメリットが適応されず、思いがけず入国に手間がかかったり、
最悪の場合、入国できなくなる可能性がないとは言えません。

ここはリスクを取らず、安全に直行便を選択することをお勧めします。

海外旅行保険料

多くの語学学校では、各種保険に各自で加入するように推奨されています。
万が一に備え、加入することをお勧めいたします。

補償内容によって保険料が異なります。
France et moiでは提携の保険代理店を紹介できますので、
専門家のアドバイスを聞いてプランを選択することができます。

現地に持って行く保険証控えは、
万が一に備え、フランス語版の保険証控えを持参しましょう。
保険会社に依頼すると、無料で発行してくれます。

また未成年の就学ビザの場合はビザ申請の際に、
海外旅行保険の保険証控えが提出書類に含まれています。

ビザ申請料

ビザの種類によって料金が異なり、
以下の料金を日本円で用意する必要があります。

・長期学生ビザ      50ユーロ
・未成年の就学ビザ    99ユーロ
・ワーキングホリデービザ 無料 ※現在は発給停止中

また長期学生ビザを申請する場合は、
ビザ申請の前にキャンパスフランスの「Etudes en France」に登録する必要があります。

以下の登録料が発生します。
・交換・派遣留学の場合 15,600 円
・個人留学の場合 20,800 円

各種料金は在日フランス大使館、キャンパスフランスの最新情報をご確認ください。

またパスポートを申請する必要がある方は、パスポート申請料も発生します。

現地移動費

現地に到着し空港から留学先への移動の費用です。
行き先によって費用は異なりますので、各自ご確認ください。

公共交通機関を利用する、または語学学校が車送迎を用意していることもあります。

現地生活費

現地での生活費としては、食費、交通費、携帯料金、娯楽費などです。

こちらも街によって物価が異なり、ホームステイの場合は食事が含まれるため、
食費があまりかからない場合もあります。

またフランスの外食は日本よりも割高、簡単なランチでも2,000円ほどします。

アパルトマン滞在の場合は、健康のためにもなるべく自炊することをお勧めします。

また学校に通うために、トラムやバスを利用される場合は定期券を購入しましょう。

フランスの携帯料金は非常にリーズナブルで約20ユーロで十分に足ります。

番外編

2021年3月末時点では、新型コロナウイルス関連で以下の費用も発生します。

  • 渡仏前のPCR検査・陰性証明書発行
  • フランス入国7日間の自主隔離後のPCR検査
  • 帰国前のPCR検査・陰性証明書発行
  • 帰国時に自主隔離14日間の滞在費(自宅に公共交通機関を利用しないと帰れない場合)
  • 帰国時に専用タクシーを使って帰宅する費用

その他にも、状況によって上記以外の費用が発生する可能性があります。

2:費用が発生するタイミング

予算計画を立てるにあたり、どのタイミングで支払いが発生するのかも重要になります。

費用の種類支払いが発生するタイミング
授業料・プログラム費申込時(出発3〜4ヶ月前)
滞在費到着後 または 一部前払い
渡航費購入時(出発1〜3ヶ月前)
海外旅行保険料申込時(出発1〜4ヶ月前)
ビザ申請料ビザ申請時(出発1〜3ヶ月前)
現地移動費出発2〜4週間前 または 現地にて
現地生活費現地にて各支払いサイクルによる

留学手続きのタイミングや滞在期間によっても異なります。

3:支払い方法

France et moi でお申し込みをいただく場合、以下の通りです。

費用の種類支払方法
授業料・プログラム費日本円・銀行振込
滞在費ユーロ・現金(現地払い)
または 日本円・銀行振込(前払い)
渡航費購入先により銀行振込・クレジット決済
海外旅行保険料申込先により銀行振込・クレジット決済
ビザ申請料ビザ申請料は日本円現金
キャンパスフランスは日本円・銀行振込
現地移動費ユーロ・クレジット決済(事前手配)
または ユーロ・現金(現地払い)
現地生活費現地にてユーロ現金・クレジット決済

授業料・滞在費は学校がユーロで料金を決めており、
請求時の為替レートに応じて日本円に換算した請求書をお送りします。
この際に、海外送金手数料を合わせて請求いたします。

授業料がATM上限額を超える場合、銀行窓口に出向く必要があります。

またユーロを日本のクレジットカードで決済する場合は、
各種カード会社の定めるレートによって日本円に換算されます。

現地に行ってからも日本のクレジットカードで決済を続けることは可能ですが、
長期留学でフランスの銀行口座を開設する場合は、まとまった金額を送金し、
その口座から支払いをするのが為替レートなどは最もお得と思われます。

4:留学費用のシミュレーション

短期・長期、語学留学と人気の専門留学についてサンプルを提示します。

以下の点をご了承の上、参考にしてください。
・各種条件に応じて費用は前後します。
・1ユーロ130円、トゥールの物価で計算しております。
・為替レートは変動します。

費用の種類語学留学4週間
授業料・プログラム費1055ユーロ
滞在費800ユーロ
渡航費約15万円
海外旅行保険料約2万円
ビザ申請料不要
現地移動費80ユーロ
現地生活費150ユーロ
約43万円
週15時間授業、ホームステイの場合
費用の種類語学留学12週間
授業料・プログラム費2920ユーロ
滞在費1900ユーロ
渡航費約15万円
海外旅行保険料約4万円
ビザ申請料不要
現地移動費80ユーロ
現地生活費850ユーロ
約94万円
週15時間授業、ホームステイ1ヶ月+アパルトマン滞在2ヶ月の場合

語学留学の詳細はこちら!
https://franceetmoi.jp/programme/langue/

費用の種類フラワー3週間
授業料・プログラム費2690ユーロ
滞在費600ユーロ
渡航費約15万円
海外旅行保険料約2万円
ビザ申請料不要
現地移動費80ユーロ
現地生活費130ユーロ
約62万円
ホームステイの場合
費用の種類フラワー11ヶ月間
授業料・プログラム費12440ユーロ
滞在費6550ユーロ
渡航費約15万円
海外旅行保険料約18万円
ビザ申請料60ユーロ
20,800円
現地移動費80ユーロ
現地生活費3450ユーロ
約329万円
ホームステイ2ヶ月+アパルトマン滞在9ヶ月の場合

フラワー留学の詳細はこちら!
https://franceetmoi.jp/programme/fleuriste/

費用の種類パティシエ13ヶ月間
授業料・プログラム費16240ユーロ
滞在費7650ユーロ
渡航費約15万円
海外旅行保険料約20万円
ビザ申請料60ユーロ
20,800円
現地移動費80ユーロ
現地生活費4150ユーロ
約403万円
ホームステイ2ヶ月+アパルトマン滞在11ヶ月の場合

パティシエ留学の詳細はこちら!
https://franceetmoi.jp/programme/patissier/

費用の種類ブーランジェ13ヶ月間
授業料・プログラム費14540ユーロ
滞在費7650ユーロ
渡航費約15万円
海外旅行保険料約20万円
ビザ申請料60ユーロ
20,800円
現地移動費80ユーロ
現地生活費4150ユーロ
約381万円
ホームステイ2ヶ月+アパルトマン滞在11ヶ月の場合

ブーランジェ留学の詳細はこちら!
https://franceetmoi.jp/programme/boulanger/

まとめ

留学費用のことを理解すると、留学計画がより鮮明になります。

皆さんが希望する留学プログラムがどのくらい費用がかかるのか、
より明確に知りたい方は、個別にお問い合わせください。

すぐ行くわけではないし…とお問い合わせをせずにいると、
いつまで経っても明確な情報は得られないまま。

特に長期留学は1年前から計画し、実現される方が多いものです。

手続きや予算をよく理解し、留学計画を明確にしましょう!


France et moi ではメールでのご相談や見積もり依頼、
オンライン面談でのご相談を受け付けております!
遠慮せず気軽に相談してくださいね。

留学のメール相談、見積もり依頼、またはカウンセリング予約はこちらからどうぞ!

にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

人気ブログランキング